リサイクル法への取り組み

リサイクル料金

B-ON 株式会社は、2005年1月からの自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)施行に伴い、当社取扱い自動車のシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類について、お客様から預託を受けるリサイクル料金を以下の通り公表します。


B-ON 株式会社は、使用済自動車のリサイクルの確実かつ効率的な実施に向けて、一層の取り組みを推進していきます。


主要車種のリサイクル料金[台当り]

  • 通称名:ストリートスクーターD17

  • 型式:ZAB-D17SMG180

  • シュレッダーダスト料金:8,410円

  • エアバッグ 類料金:3,920円

  • フロン類料金:0円

  • リサイクル 料金合計:12,330円

  1. シュレッダーダスト料金は、重量に応じて設定しました。

  2. エアバッグ類料金は、エアバッグ/シートベルトプリテンショナー等の装備数に応じて設定しました。

  3. お客様が上表の車両のリサイクル料金を預託される場合、資金管理料金および情報管理料金が必要となります。
    資金管理料金:290円
    情報管理料金:130円

  4. 上表のリサイクル料金は、ストリートスクーターの正規代理店によって輸入された車両が対象です。

  5. 自動車リサイクル法対象外の架装物の処理費用はリサイクル料金に含まれていません。​

  6. お客様がお持ちのお車について登録番号等(プレート番号)から廃車時に必要になるリサイクル料金や預託・引取の状況等を照会できるシステムが「自動車リサイクルシステムのホームページ」で公開されております。

  7. ​フロン類料金:車両には新冷媒(HFO-1234yf)搭載のため、フロン類料金はリサイクル法の対象外です。

2021年度リサイクル実施状況

下記リンク先の資料をご確認ください。

2021年度 自動車リサイクル法に基づく再資源化量等の実績

​2020年度リサイクル実施状況

自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づき、B-ON 株式会社が、2020 年度(2020年4月1日~2021年3月31日)に実施したシュレッダーダストおよびエアバッグ類のリサイクルとフロン類の破壊の状況を公表致します。

(1)再資源等契約を締結した年月日

2020年2月1日

(2)リサイクル等の実施状況
2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)に引き取ったシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類はありませんでした。

(3)収支の状況
2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)に引き取ったシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類がないため、公益財団法人自動車リサイクル促進センターから払渡しを受けたリサイクル料金ならびにリサイクル等に要した費用はありませんでした。

2019年度リサイクル実施状況

自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)に基づき、B-ON 株式会社が、2019 年度(2019年4月1日~2020年3月31日)に実施したシュレッダーダストおよびエアバッグ類のリサイクルとフロン類の破壊の状況を公表致します。

(1)再資源等契約を締結した年月日

2020年2月1日

(2)リサイクル等の実施状況
2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)に引き取ったシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類はありませんでした。


(3)収支の状況
2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)に引き取ったシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類がないため、公益財団法人自動車リサイクル促進センターから払渡しを受けたリサイクル料金ならびにリサイクル等に要した費用はありませんでした。

 

​リチウムイオンバッテリのリサイクル

B-ON 株式会社は、使用済みのリチウムイオンバッテリの適正な処理を行うため、「一般社団法人 自動車再資源化協力機構」(以下、自再協)に回収業務の委託をし、当社が販売する商用電気自動車のリチウムイオンバッテリの回収、およびリサイクルを行っています。


本サイトでは、リチウムイオンバッテリの安全な取り外しと回収のため、取り外し、および回収マニュアルを以下に掲載しています。

事前回収作業時の安全確保のため、取り外しマニュアルをよくお読みいただき、適正・安全な取り外し作業を行ってください。

リチウムイオンバッテリの回収依頼要領は、自再協のホームページを参照してください。

取り外しマニュアルはこちらからダウンロード

ストリートスクーター製EV車両
リチウムイオンバッテリ取り外しマニュアル

自動車再資源化協力機構